初心者におすすめの少額投資をはじめよう!

投資を始めるのに知識や経験や大きなお金が必要だと思っている人は多いものです。

一昔前なら投資を始めるためには、ハードルが高かったと思います。

しかし今はフリーターや主婦、一般の会社員でも簡単に投資ができる時代です。

大きなお金ではなく少しのお金から投資ができます。

投資初心者が感じる疑問や不安を解消できる内容になっているので参考にしてみてください。

初心者におすすめの少額投資とは

初心者におすすめの投資として少額投資というものがあります。

普通の投資とは違い、少しのお金を投資していく方法です。

では一体いくらから投資ができるんでしょうか。

 

¥100や¥1,000から投資を始めることができる

多くの投資では¥100や¥1,000といった少額から株を買うことができます。

株の取引の場合、例えば100株単位での購入など株の単位が決められていたために、1株が¥

2,000円の株は20万円からしか買えませんでした。

しかし今はまとまった株数からでしか購入できないのではなく、小さな金額で購入できるようになっています。

つまり1株¥10,000でも、¥1,000で0.1株買えるようになっています。

 

トレードも積立投資もできる

少額投資でどういったことができるんでしょうか。

投資には色々な買い方がありますが、少額投資でもトレードと積立投資ができます。

トレード=株が安いときに買い、買った時よりも株が高くなったら売ること

積立投資=毎月や毎年など決まった期間に同じ金額で株を買う

少額投資のメリットとデメリット

少額投資ができる今ですが、もちろんメリットとデメリットもあります。

人によってメリットとデメリットの感じ方は違うかもしれませんがそれぞれを紹介します。

少額投資のメリット

少額投資のメリットとは一体なんでしょうか。

最大のメリットは「誰でも投資に参加できるようになったこと」です。

そしてその他のメリットは以下の通りです。

 

大きな損になりにくい

「100株100万円」の株を買って株価が半分になれば50万円の損失がでます。

しかし少額投資の場合10万円分買っていても5万円の損失で済みます。

損失は損失なんですが、いきなり初心者で100万円もの株を買うよりは大きな損にはなりません。

 

無理なく始められる

「貯金を全部投資する」のではなく、少額投資では無理のない金額から投資ができます。

毎月¥5,000や毎月¥10,000といった無理のない金額で始めることができます。

 

投資について興味が湧く

いきなり大きな金額で投資を始めると心配になるのが、株価の上がり下がりです。

投資について実践と経験を積み、知識を学ぶどころかただ金額の上がり下がりが気になってしまいます。

逆に少額投資であれば、数十円から数千円程度のプラスマイナスを繰り返す程度なので「株価はどんな動きをするんだろう?」と心に余裕を持って投資に興味が持てるようになります。

 

同じ金額でも投資は貯金よりもお金が増える可能性がある

1年間毎月¥10,000の貯金をすると12万円の貯金ができます。

しかし貯金では12万円が限度です。

銀行に預けて金利が貰えてもせいぜい¥10あるかないかです。

これが毎月¥10,000投資をすると、12万円±数千円から数万円になる可能性があります。

 

少額投資のデメリット

ここまで少額投資のメリットについて紹介してきましたがデメリットも紹介します。

最大のデメリットは投資した金額よりも、減る可能性があるということです。

 

利益が少ない

100万円や1,000万円の投資をすると株価が上がった時利益は大きくなります。

少額投資の場合、元の金額が少ないため同じ株価の上がり方をしても利益は少なくなります。

そしてここで「あまり儲からないし投資はやめよう」という人が出てきます。

 

短期的な売買には向いてない

利益が少ないので少額投資の場合、短期的な売り買いは利益が出ません。

さらに株を買うときや売るときに手数料がかかるサービスもあるので、小さい金額では手数料が引かれると利益がほぼなしになる可能性があります。

 

元本割れのリスクがある

10万円投資したのに、株を買った時より株価が下がり9万円の価値になっていることを「元本割れ」といいます。

株、投資信託、FXなどは全て元本割れのリスクがあります。

しかし株価が上がるのを待って11万円になったところで売れば、元本割れを回避することができます。

 

少額投資Q&A

少額投資についてのQ&Aをまとめました。

ここでは多くあると思われる質問についての回答を紹介します。

 

Q1,少額投資は何から始めればいいのか?

A,最初に投資をするための証券会社を決める必要があります。

(例)楽天証券、One Tap BUY等

 

Q2,株を買ったり、売ったりしたら手数料はかかるの?

A,株の売り買いで手数料がかかる証券会社もあります。

 

Q3,税金はどうなるの?

A,投資をするために特定口座というものを証券会社で開設します。

特定口座には2種類用意されていて、本人が利益などを確定申告しなければいけない「源泉徴収なし」と証券会社が税金を利益から引いてくれて確定申告不要な「源泉徴収あり」があります。

 

Q4,どの会社の株を買えばいいの?

A,どの会社の株を買うか。

これはご自身で決めるしかありません。

 

Q5,何歳から少額投資ができるの?

A,0歳から口座を開設できる証券会社もあります。

20歳未満の場合の多くは親権者の同意、または親権者の口座開設が必要になります。

 

少額投資実践例

実際に少額投資と言ってもイメージが湧きにくいと思います。

ですので少ないお金で8ヶ月間少額投資を続けてきた実践例をご紹介します。

月¥5,000でアメリカ株の少額投資を8ヶ月間続けた結果

2020.09.21

 

どれぐらいのお金を毎月投資するのか

まず「少額」という金額の部分からご紹介します。

実践した金額は毎月たった¥5,000です。

その他に気をつけたことは

 

  • 5つの会社に分けて投資(分散投資)
  • 買う時点の株価は関係なく毎月月末~月始で買う(ドルコスト平均法)

初心者が分散投資で株を買うメリットとは

2020.10.01

少額投資でいくら利益が出たのか

8ヶ月間毎月¥5,000を投資すると元本は¥40,000です。

そして少額投資で出た利益は+約¥10,000の利益。

小さな金額かもしれませんが、着実に増やすことができました。

 

まとめ

少額投資についてデメリットやメリット、そしてQ&Aなども含めて紹介しました。

ここまでで少額投資に対しての不安が少しでも取り除けていれば幸いです。

 

少額投資は今すぐにでも始められる

紹介してきたように、少額投資(数千円)でも毎月コツコツと投資をしていけば増やすことも可能です。

そして何より証券口座をネットで開設すれば、少額投資をすぐ始めることができます。

 

小さい金額もコツコツ貯めれば大きなお金

「月¥5,000で本当に投資していると言えるだろうか?」

こんな風に思っていましたが、続ければどんどん投資額は増えていきます。

10年続けたとしたら、月¥5,000の投資でも60万円になります。

 

 

Follow me!